レッスン内容

表現力 技術力 ソルフェージュ力 構成力 

 音楽を勉強する上で重要なこの4本柱を総合的に指導します


「ソルフェージュ力」「技術力」「音楽理論」を

楽しみながらもしっかりと基礎から勉強し、

「感動する力」「表現する力」「考える力」を育み、

音楽鑑賞やアンサンブルも取り入れながら

総合的に音楽を勉強します。

 

幼児~趣味で活躍する児童~大人

音楽の専門を目指す児童

音大受験生~音大卒業生

ピアノ指導者まで多数教えており、

 

小さい時から計画的に

「将来を見据えた指導」を行うことが出来ます。

 


これまでの音楽大学合格校

 武蔵野音楽大学ヴィルトゥオーゾ科(奨学金給付生)

   お茶の水女子文教育部芸術表現行動学科音楽コース(推薦入試)

 東京音楽大学演奏家コース(奨学金給付生)

 昭和音楽大学演奏家コース

 武蔵野音楽大学声楽科(副科)

 

対応できる音楽高校・音楽大学

 東京藝術大学・東京藝術大学付属高校

 お茶の水女子文教育部芸術表現行動学科音楽コース

 武蔵野音楽大学ヴィルトゥオーゾ科/ピアノ科

 東京音楽大学演奏家コース/ピアノ科 

 国立音楽大昭和音楽大学演奏家コース/ピアノ科他

 昭和音楽大学演奏家コース/ピアノ科

 

これまでのアドバイスレッスン生

 東京藝術大学

 東京学芸大学 

 国立音楽大学 

 東京藝術大学付属高校


①表現力

クレッセントの生徒は、よく「音が美しくてキラキラしている」「他の人と全然違う表現が出来る」と言われます

なぜでしょうか?

メロディーの美しい歌い回し

和音の色で鮮やかに変わる情景

効果的で生命力のあるリズムの刻み方

あらゆる表現に則したあらゆるテクニック

しっかり構築された構成力

四時代の奏法の違い

(バロック/古典/ロマン/近現代)

各作曲家の特徴 

響きを増幅し濁ることの無い絶妙なペダリング

万華鏡のように変わる響き

 

あらゆる音色・表現を学びます。


②技術力

打鍵のスピード

離鍵のスピード

指先の集中力

手首の柔軟な利用法

手のひらの内側の効果的な使い方

脇を緩めたり締めたりすることによる音の緊張感の違い

背中や身体の効果的な使い方

遠近法

音の効果的な飛ばし方

あらゆるパッセージの最も効果的なテクニック

 

そのテクニックを磨くための、

最も効果的な練習法を指導します。


③ソルフェージュ力

 

長年ピアノ演奏の指導に携わってきて、痛切に思うことは

ソルフェージュ(音感教育)の力が、いかに楽器を演奏する時に大切かということです。

 

ソルフェージュの能力の高い生徒は必ず、演奏のレヴェルも高くなります。

「ソルフェージュをきちんと基礎から勉強する」 

これは何よりもピアノが上手になるための近道です。

 

クレッセントでは、まずソルフェージュ力を伸ばし、

それからピアノの個人指導に入ります。

初めてピアノの前に座る時、その子はもうすでに、音符の高さやリズムや、拍子や記号がすべて分かっているのです。

そのため、個人指導が始まってすぐに、技術的な指導や、音楽表現のレッスンが可能になります。

最も無駄のない効果的なレッスン方法と言えるでしょう。

 

また、仲間が出来ることによって得られる楽しさと、ほどよい緊張感で、

知らず知らずのうちに連帯感や集中力・協調性も養われます。

 

4才からクレッセントでソルフェージュを学んだHちゃんが

その抜群のリズム感で演奏するジャックボディ”子供の遊び”

依頼を受けてプロの演奏家と共演! 観客を圧倒した演奏。


④構成力

作曲家は直感だけで曲を書いているわけではありません。

曲がどのように構成され、どのように工夫され

どのように効果的に音になるか

全て計算されて書かれています。

 

表面に見える構成から

その裏に隠れている構成まで

作曲家の立場から曲を見ることが出来ると

自然に演奏法が見えてきます。

 

その構成力を、最も簡単な基礎から勉強し

より複雑な構成が理解できるように指導します。


⑤アンサンブル 力

クレッセントで体験できるアンサンブルはたくさんあります。

連弾、2台ピアノ、室内楽、ピアノ協奏曲、他楽器や声楽伴奏その他

相手の音を聴けるようになると、自分のソロ演奏も格段に上手になります。

アンサンブルを通して、主張

発表会、ピティナステップ、ピアノ協奏曲フェスティバル等

楽しくも貴重なアンサンブルの体験!


浦部創造&上野貴史 2台ピアノ ブラームス ワルツ(発表会)